何が身体にいいのか?

主人と私はダイエット、娘にはビタミンをたくさんとってもらうために、最近は夕食にもっぱら大盛りサラダ+少なめ主菜+少なめご飯またはパンという布陣にしている。

ご飯をたくさん食べられるおかず作りをしていたのだけれど、40歳の声も聞こえてきたこの頃は、これでは身体がついていけないのだ。
我が家のサラダには欠かせないポイントがある。それは、噛みごたえのあるサラダであること。
なので、ツナやチキンと言ったタンパク質を盛り込みつつ、わかめ・ひじきやナッツなどを入れてサラダなのにたくさん噛まなければいけない工夫をしている。満足感を上げるためには、噛む回数が欠かせないと思う。でも歯ごたえが無いものを無理にたくさん噛むのはやっぱり難しい。
キヌアなども噛みごたえとは言わないまでも、食感を楽しめるので、思った以上に噛む回数が増える良い食材だと思う。
夜のサラダにはじゃがいも・かぼちゃ等の炭水化物はなるべく入れないようにしている。その代わりに昼間のお弁当は蓮根・人参・こんにゃくを使った筑前煮など、根菜を多めに。
朝たくさん食べられない我が家なので、そこはまだこれから改善の余地ありです。美しく健康な我が家への道は遠い。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です