肌をいためないように気を付けています

洗顔の時には、肌をいためないことに一番気をつかっています。

まず、温度です。
冷たすぎも暖かすぎても、肌をいためる原因となります。
そのため、どちらでもないぬるま湯程度の水で洗います。

次に、洗い方です。
ごしごしとこするように洗うと肌をいためます。
そのため、表面の汚れを落とすような気持ちで洗います。
手全体を使わずに、指先を使ってくるくると優しくなでて洗うと、力を使わなくてもきれいに汚れは落ちます。

最後に、洗顔シャンプーです。
洗顔シャンプーは汚れを落とすためのものです。
しかし使いすぎは肌をいためる原因になります。
私は一日三回は顔を洗っていますが、そのうちの一回は水のみで洗顔するようにしています。

特に夏場は洗う回数が増えますが、気になっても、洗顔シャンプーを使うのは一日二回までと決めています。
更に、肌へ色々な栄養を送りたいため、その二度のシャンプーは違うものをあえて使っています。

また、洗顔後の化粧水や乳液も欠かせません。冬場はクリームをぬって乾燥対策もしっかり行っています。
それらに関しても、いくつかの種類を時間帯などに合わせて変えて使うようにしています。
これらをぬる際も、肌をいためないよう、たたきすぎずに優しくぬっています。

豆乳と除毛クリーム敏感肌でも大丈夫

ムダ毛を処理する方法として、今までは、カミソリを使っていました。元からお肌が弱く、カミソリ負けをしてしまってムダ毛を処理した後は、ヒリヒリチクチク、軟膏クリームを塗らないとダメでした。

それから何か、お肌を傷つけないムダ毛処理はないかな?と探していたら、通信販売で、除毛クリームを見つけました。値段もそんなに高くなかったので、試しに使ってみることにしました。

お肌に塗り、10分放置してる間に、ヒリヒリしてきました。慌てて洗い流しましたが、その後もヒリヒリして、私は除毛クリームでも、お肌に合わず残念な気持ちでした。友人が美容部員なので、相談してみると、除毛クリームを使う前に豆乳を肌に塗り込むと、豆乳の膜がお肌を守ってくれるよ!とアドバイスをくれました。

このアドバイス通り、豆乳を肌に塗り込み、その後除毛クリームを使ってみると、アドバイス通り、ヒリヒリしませんでした。
普通に除毛クリームを使った時よりも、豆乳を使った方がお肌の仕上がりも、モチモチつるつるしていて、ビッグリしました。

ちなみに私のオススメの商品はパイナップル豆乳ローションという商品でパイナップルと豆乳が入っているので除毛するには最適な商品となっています。また、これと同じ会社が発売しているパイナップル豆乳クリームも同じくお勧めなので併用して使うのがベストです。

それから私は除毛クリームを使う前には必ず、豆乳でケアしてから使っています。私みたいに敏感肌の人が一人でも、字ハゲクリームを使い、ムダ毛処理ができると良いと思います。

お肌スキンケアとムダ毛処理

私はムダ毛処理を自分でやってます。腕、足、顔まわりもデリケートゾーンもです。女性にとって体毛は不要な物でしかないと思います。髪の毛と眉毛、まつ毛以外は無くて良いと思う方多いのではないでしょうか。ですが脱毛をするには少し高いハードルを感じてしまいます。

医療用なのか美容なのか、レーザーも何種類もある中で何を選んだら良いのか、いくら位で何度通って期間はどれ位なのか…。不安は沢山あります。そこで一歩踏み出して実行に移せた方は凄いなと本当に思います。勿論、私もいつかは脱毛したいのでこれから情報収集をしていきたいと思います。自分で行うムダ毛処理は除毛クリームや剃刀、クリームなど様々試しましたが今現在行っているのは剃刀のみです。

シェービングクリームにこだわって少々お高い物を使っています。しかし、やはり剃刀での処理には限界があります。剃刀負けはどんなにお肌のスキンケアをしても体調次第でしてしまいます。特にデリケートゾーンはその名の通りデリケートなので毎日はとてもではありませんが剃刀ではできません。そう考えると早く脱毛をしたい一心です。

もう時期本格的に夏になる今日この頃、露出が増えてくるのでお肌のスキンケアにより一層力を入れて剃刀負けでお肌を傷付けないようにムダ毛処理を頑張りたいと思います。

脱毛ラボへ行ってきましたぁ~

私は小さい頃から剛毛な毛でした。何もしてないのに関わらずに、太くて硬いせいで、男性からからかわれてきました。なんで、私がこんな嫌な目に遭っていかないといけないだろうかなと考え続けていました。

ある日、脱毛サロンに行こうときっかけが出てきました。友人がムダ毛のない綺麗な肌を見せつけてられました。綺麗に脱毛したんだ、脱毛サロンに行ってみたらいいよとのことでした。オススメされたのが本当にいいのだろうかなと正直に言うと、不安がありました。友人の紹介で、脱毛ラボ札幌に通い始めてひとまずは無料カウセリングを受けることにしました。

そうすると、無料カウセリングで店員さんが脱毛についての説明が丁寧だったり、お値段のご相談などを気楽に出来ることが出来ました。ダメ元で試させていただくと、脱毛ではしっかりと保湿ケアをしないといけないとのことで、当日まではしっかりとしてきました。

許可がおりたので、脱毛することになり、脱毛レーザーを当ててみると、痛さは感じられなくて、怖さはありませんでした。10分程度で前身脱毛してもらったことで、こんなに自己処理しなくても、脱毛サロンに行けば、脱毛レーザーで脱毛してもらうのが楽な感じだと思いました。これからも脱毛ラボに通いたい気持ちでした。

どんなタイプの肌も、大切にすべきは3つの基本洗顔!

乾燥、敏感、ニキビなど顔に多くの悩みを抱えていませんか?
私はこの全てに悩み、そして今は改善しツルツル肌になりました。
色々な化粧品がありますが、そのどんな化粧品にも勝るのが「洗顔」です。
洗顔だけで効果はあるの?と思うかもしれませんが、たった3つのポイントを守るだけで洗顔だけでも肌質が変わるのを実感できますよ。
その3つのポイントとは、①細かくてしっとりした泡を作ること②ぬるま湯に顔をつけるように洗い流すこと③タオルで軽く押す程度の力でさっと顔を拭くこと、です。

まず①細かくてしっとりした泡を作ること、泡立てネットでささっと泡を作る人も多いのですが、泡立てネットからできた泡をさらに手だけで泡立てるとしっとり感が生まれます。そのしっとりした泡で優しく洗い流すと、肌を傷めずに汚れが落ちます。②ぬるま湯に顔をつけるように洗い流すこと、とは水をバシャバシャ顔に当てるのではなく、手ですくったぬるま湯を顔に押し当てるような感じで洗い流すことです。バシャバシャと勢いよく洗ってしまうと、肌に小さな傷をつけてしまったり泡が流しきれず残ってしまうこともあります。洗い流す時は、お風呂につかるように顔もゆっくりとぬるま湯につけるのがベストです。③タオルで軽く顔を押す程度の力でさっと拭く…ついタオルでゴシゴシ拭いてしまいますが、それではやっぱり顔に傷をつけてしまい、化粧水などのケアがしみてしまうことも。どんなに柔らかいタオルでもその繊維は顔に傷をつけやすいので、軽く押して水を拭き取ると、洗顔後のツッパリ感も解消されますよ。

ブラジリアンワックスでの処理は抜けているのを実感できる

脱毛はサロンに行く時間をなかなか見つけられずいつも自己処理です。最近はブラジリアンワックスを使って処理する事がほとんどなので、使ってみた感想を記したいと思います。

私が使っているのはアンジェリカワックスっていう商品でブラジリアンワックスで脱毛の中でも手間のかかる処理方法と言えます。一度に広範囲を処理できるわけでは無いですし、背中などは自分ではできません。ですが、処理直後の肌の滑らかさはどんな脱毛方法も敵いません。あと痛くて我慢できないという人もいますが、私は余り痛みを感じていないのでクセになるようにも感じます。またワックスを塗る前にベビーパウダーを使うと剥がした時の痛みは軽減されるようにも感じます。

デメリットとして大きいのはやはり肌へのダメージです。私は生理周期によって肌の状態が大きく変わるようで、普段は何ともないのに月に数日ワックスを肌につける事すら負担になる日があります。コンスタントに脱毛していれば月に数日は大した負担ではないですが、この日に合わせて綺麗にしたいという事が出来ない事があります。後は前準備と後処理をきちんとしないとあちこち汚してしまうという事です。使用するものの周りはワックスでベタベタになるし、手も汚れるのでその間は何かに触れる事が難しいです。水で落ちると言っても全てを綺麗にするのはなかなか大変です。
また、処理後は自分の体もベタベタなのでシャワーを浴びるか濡らしたタオルできちんと拭ってから化粧水などのケアをします。全身がベトベトだと面倒に思うこともあります。

ですが私としてはブラジリアンワックスでの処理が気に入っているので、しばらく続けたいと思っています。

何が身体にいいのか?

主人と私はダイエット、娘にはビタミンをたくさんとってもらうために、最近は夕食にもっぱら大盛りサラダ+少なめ主菜+少なめご飯またはパンという布陣にしている。

ご飯をたくさん食べられるおかず作りをしていたのだけれど、40歳の声も聞こえてきたこの頃は、これでは身体がついていけないのだ。
我が家のサラダには欠かせないポイントがある。それは、噛みごたえのあるサラダであること。
なので、ツナやチキンと言ったタンパク質を盛り込みつつ、わかめ・ひじきやナッツなどを入れてサラダなのにたくさん噛まなければいけない工夫をしている。満足感を上げるためには、噛む回数が欠かせないと思う。でも歯ごたえが無いものを無理にたくさん噛むのはやっぱり難しい。
キヌアなども噛みごたえとは言わないまでも、食感を楽しめるので、思った以上に噛む回数が増える良い食材だと思う。
夜のサラダにはじゃがいも・かぼちゃ等の炭水化物はなるべく入れないようにしている。その代わりに昼間のお弁当は蓮根・人参・こんにゃくを使った筑前煮など、根菜を多めに。
朝たくさん食べられない我が家なので、そこはまだこれから改善の余地ありです。美しく健康な我が家への道は遠い。